今日は、セミナーと面談

今日は、三多摩エリアの都立中高一貫校の校長の話が聞けるセミナーに行ってきた。
息子の志望校は一応その一つの中高一貫校なのだが、
通っている塾が主催するセミナーには親子でたくさんの人が集まっていて、
相変わらずの受験熱には感心してしまうというか、驚いてしまう。
他にやることがあるのではないかと思うのは私だけだろうか。
はっきり言って、入学したい学校の雰囲気は体験学習でもすれば、
よく分かるはずなので、小学生が私学でもない都立の校長の話を聞いても、
と思うのだが、親の側に今だに日本の一流大学に入学すれば、
とかいう価値観がまだあるのだろうか、不思議である。
その後、娘の塾の塾長との面談があったので3時間ほど図書館で時間を潰し、
話を聞いてきた。
こちらは、至極まともで違和感はなかった。
進学塾と一口に言ってもこの違いは大きい。

広告

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。